え?本当?日焼け止めってすぐ効くものではないの?

日差しもだんだんと強くなり、
紫外線が気になる時期になってきました。

そろそろ少しくらい日焼けを気にしないと…と、
毎朝ベランダに洗濯物を干す時も、
私は洋服の袖をしっかりとおろしています。

とはいえ、主婦は毎日忙しいですよね。
あれこれと、たくさんのことを一度にこなさなければなりません。

もちろん日焼け対策も。
ゆっくりと時間をかけて丁寧に…なんて毎日やっていられません。

なので、外出する時も直前にパパっと塗って終わり。
もしくは時間がないので、諦めて塗らなかったこともしばしば…。

でも、先日気付いてしまったんです。
いつの間にか日焼け跡がついている?!

そういえば、最近暖かくなってきたので服装も軽めにしたっけ。
でも七分袖を着る時は、ちゃんと日焼け止めを塗っていたし…。

それに日焼けって長時間日に当たればするものじゃなかったっけ?
どうして焼けてしまったんだろう…?

私は気になっていろいろ調べてみることにしました。

すると、ふとある動画を見つけました。
動画を見て、私の日焼け止めに関する知識が間違っていたことを発見。

私は、日焼け止めというものは、
すぐに効果を発揮するものだとばかり思っていたのです。

なんと、塗ってからある程度の時間が経たないと
最大の効果を発揮しないのだとか。

もっと早く知りたかったー!
私は画面の前で思わず叫んでしまいました(笑)。

そういえば、最近しわやシミがふえたような…。
どうやら、ここにも関係があるようです。

毎日のベランダの洗濯物干し。
確かに、化粧下地は塗るけれど、
その後化粧してすぐにベランダに出ていたっけ。

あれもいけなかったのかなぁ。
効果が出る前に、つまり準備段階で
毎日知らぬ前に日焼けしていたわけです。

外出するときの直前の日焼け止めも。
だから時計の跡みたいなものが うっすらついてしまったのね…。

女性だし、そんなこと当然知っている!というようなことも、
私にはまだまだ勉強が必要なようです。

やはり女性である限り、キレイでいたい。
役立つ情報を賢く取り入れて、スキンケアでも素敵な歳の取り方をしたいな
そう思ったのでした。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ