意外な盲点!紫外線の反射率!

私は先日、大型音楽フェスに参加しましたが、一日炎天下の中にいたため顔や手足に酷い日焼けをしてしまいました。

この日焼けが後々しみやそばかすの原因になると思うとゾッとしていたところに、この日焼け止めの動画をみたのです。

私は「今日は曇りだから日焼け止めはいらないかな?」だとか「日焼け止め、塗り直すの面倒臭いから一回だけ塗れば十分でしょ?」なんて軽い気持ちで日焼け止めを怠る日も多々、、。

この動画を見てからは絶対に日焼け止めはしっかり塗らなくては!と心に誓いました!動画の中ではしみやそばかすの原因になる日焼けについて語られており、私が一番驚き、勉強になったことは『紫外線の反射率』についてです!紫外線は上から降り注いでくるものだと思い込んでいたのですが、紫外線は地面や水面に反射するという方法でも私たちを照りつけているようです。

しかも、意外にも冬の新雪の反射率は80%!私はスキーが好きなので、この数字にはびっくり&正直ショックでした…。

紫外線は夏ばかりが強いと思い込みがちですが、意外に冬にも紫外線は強く、日焼け対策が必要ということですね。

その他にも、私たちが毎日歩いてるアスファルトの地面は紫外線反射率10%、水面の紫外線反射率は条件によって10%?20%、砂浜の紫外線反射律も10%?25%と高い数値になっているそうです。

海などに行くときは、上から降り注ぐ紫外線と砂浜・水面などから反射される紫外線という2つの紫外線攻撃から身を守らねばならないのですね…。

大変です。

しかし!それでも私は、海・BBQ・フェス・スキーなどに行きたい気持ちでいっぱいです!具体的な紫外線の反射率についても知れたので、今度からはしっかりと日焼け対策をしてイベントを楽しもうと思います。

動画内では、とても分かりやすく紫外線の反射率についてお話して下さいました!ぜひ、他にも具体的な日焼け対策や日焼け止めクリームの塗り方などがあれば教えて頂きたいと思いました!

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ