40代が陥りがちなマンネリメイクについて考える

忙しさにかまけて、メイクはいつもファンデーションをささっと塗り、眉毛を描き、口紅を軽く塗る、それだけで済ませています。

30代の頃はそれでもよかったのですが、最近は気づいたらファンデーションが濃くなり、のっぺりした印象になってしまっていました。

そんなときに見た40代の脱マンネリメイクに関する動画で、メイクだけではなくスキンケアや肌のお手入れについてもいろいろ考えさせられました。

40代のリポーターさんが、サロンでいつものメイクから脱する体験動画です。

まず、みんな先のことを考えてスキンケア商品を選んだりお手入れに力を入れているんだなと感心させられました。

きっとこれが当たり前なのでしょうが、30代の頃と全く変わらぬスタイルを続けている私は猛反省です。

スキンケアも年齢相応の物が必要ですね。

ケチらず、いつまでも若いままと勘違いせず、ちゃんと年相応になろうと心に誓いました。

次にベースメイクですが、ここで自分ののっぺり顔の原因がわかりましたね。

下地が出来ていないのにファンデーションをつけすぎだったのです。

とくにここ最近ではシミやくすみを隠そうと、無意識のうちに塗り重ねてしまっていました。

が、動画では「肌の悩みは下地でカバーすること、そのために下地を高機能のものにしたほうがよい」とアドバイスされていました。

そして、ファンデーションはほんのちょっぴり、薄くのばすだけで本当に艶やかな肌になっていきます。

私は下地を日焼け止め乳液で代用していたためか、ファンデーションはいいものを使っているのに仕上がりがいまいちです。

普段はそれでもいいけれど、冠婚葬祭や気合いを入れたい日のために、ちょっとよい下地も買ってみようかな。

アイメイクもご無沙汰しちゃってましたが、40代に合う色の使い方が紹介されていたので、ちょっと化粧品コーナーをのぞきに行きたくなりました。

40代の黄みがかった肌に合うアイラインのお勧め色はネイビーというのは、目から鱗でしたね。

ネイビー、探してみます。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ